電子タバコのリキッドの味

電子タバコのリキッドの味

電子タバコとは、電力で煙の代わりに水蒸気を吐き出す電気製品であり、火を使用しないのでタールや一酸化炭素が発生しません。灰皿もいらないし、吸いがらも出ないために非常にクリーンなタバコであると言えます。

 

 電子タバコには様々な形状の製品が開発されて販売されていますが、現在最もポピュラーなのは、リキッドと呼ばれる液体を注入するタイプの製品です。リキッドには様々な味があります。タバコに似せたものの他に、フルーツやお酒やお菓子味のリキッドを購入する事が出来ます。

 

 購入したリキッドを混ぜることにより新しい味のリキッドを作る事が可能です。たとえばイチゴ味のリキッドとバナナ味のリキッドを混ぜれば、イチゴバナナという味のリキッドになります。タバコでは味を表現する事は禁止されていますが、電子タバコのリキッドにおいては可能です。

 

 例えばナッティメンソールという味のタバコがありましたが、現在は販売されていません。しかし電子タバコのリキッドにおいてはそれを表現する事が出来ます。ピーナッツ味のリキッドとメンソール味のリキッドを混ぜればよいのです。販売されているリキッドだけでも100種類以上の味が用意されていますが、それらを混ぜることによってさらにバリエーションは広がります。自分に合ったリキッドを探す事が、電子タバコの魅力の一つとなっています。