子供がプチ遠出をしてきました

子供がプチ遠出をしてきました

昨日、我が家の小学五年生の娘がプチ遠出をしました。
クラスで仲の良い友達数人と一緒に、隣の市の繁華街へと繰り出したのです。バスと地下鉄を利用し、好きな雑貨屋さんやアニメショップを回るというスケジュールでした。
これまでは親同伴で出かけていましたが、今回は子供たちだけで出かけることになりました。そこで、事前にさまざまな下調べをし、綿密な計画を立てました。
バスや地下鉄にのる時刻、目的地までの経路、買い物の予定などを親子でおさらいしたのです。私は少々心配だったのですが、つとめて明るく子供を送り出しました。
実際に出かけてみると、子供たちは意外にも順調に日程をこなしました。
時々携帯電話で連絡を寄こすのですが、みんなの笑い声などが聞こえ、とても楽しそうです。
これなら初の冒険はうまく行きそうだと感じ、私は安心しました。そして、夕方近くに帰りのバスに乗ったという連絡がありました。
ところが、なかなか子供が帰宅しないのです。
こちらから連絡を入れると、乗るバスを間違えて途中下車し、道に迷っているとのことでした。結局私が来るまで現地に向かい、全員をピックアップしました。
最後にアクシデントはありましたが、これも一つの勉強です。今後も機会があれば、こうしたプチ遠出をさせてみたいものです。