寒い冬でも石油ファンヒーターでパン作り

寒い冬でも石油ファンヒーターでパン作り

毎日寒い日が続いている。
寒いので家で過ごすことも多い。

 

そこでパンを作ってみることにした。
パン作りには発酵が必要なため、気温がある程度必要だ。
寒い所では発酵に時間がかかったり、発酵出来ないこともあるようだ。
そこで石油ファンヒーターの熱を利用してみることにした。

 

小麦粉と砂糖、塩、イースト、油を混ぜること10分。
生地がまとまってきたのでファンヒーターの前に座布団をひいてその上に生地をのせて発酵を促した。
30分ほど、そのまま放置しておくと発酵がすすんで生地が膨らんでいる。
打ち粉をして形を整えてみる。
最近のお気に入りはクリームチーズにブルーベリージャムを入れて丸めるパンだ。
たまに失敗してジャムやクリームチーズが出てくる時がある。
それでもジャムがパンのそこでいい感じに焦げてそれもまたおいしい。
ワザとに失敗したい所だ。

 

角切りにしたチーズを混ぜ込んだり、クルミを入れたりと好きなようになんでも入れられるのが楽しい。
パン屋さんみたいに種類は豊富に焼くことは難しいが、いろんな具材を生地に入れ込んで焼けるのがいい。
パンを焼いていると、いい香りが部屋中に広がる。
こね始めから、発酵と時間のかかるパン作りだが作業自体はとても簡単だ。
寒くて部屋にこもっている日はパン作りで楽しんでいる。