昔いたちょっと怖い訪問セールスマン

昔いたちょっと怖い訪問セールスマン

つい先日のことですが夕飯時にピンポーンとチャイムがなりました。こんな時間に誰だろうと思ったら、「通信回線の調査です。費用がもっと安くできる可能性があります。」という典型的な営業でした。「結構です。」とお断りしましたが、すぐにもう一度インターホンが鳴ります。さすがに「さっき断ったのにしつこいですよ。」と言ったら「安くなりますから、話を聞いて下さい。」とのことでした。もう一度断ったら、さすがにもうインターホンは鳴りませんでしたが、一度断っても再度呼び出すのには久しぶりに驚きました。

 

考えてみると結婚前に一人暮らしをしていた頃、そのとき住んでいたマンションにはずいぶんセールスが来ていました。かなり頻度が多いのでインターホンには出ないようにしていたのですが、いつの間にか部屋の前まで来る人が多いのです。中でも忘れられないのが、インターホンを鳴らしたあとにドアの取手を回した人でした。「ガチャガチャ・・・」って開いたらどうする気の人なんだろうと少し恐怖すらありました。

 

また、「いるのは分かってますよ!」と大声でドアを叩きながら言う人。お金を借りて取り立てに来られているわけじゃないのに、なんでセールスにこんな風にされなければいけないのかと思いましたが、文句を言って顔を合わせるきっかけを作っても相手の目論み通りかと思って、出ないことを貫いていました。

 

最近はここまでの人はいませんが、今の時代でまだこのようなセールスがあったら本当に怖いなと思います。