小説を書いて賞金を稼ぐ試み

小説を書いて賞金を稼ぐ試み

私は文章を書くことが苦になりません。また、物語を読むことの面白さは、大人になってから知りました。学生時代は、本を読む行為自体が好きではありませんでした。読書が面白いと思えるようになってから、今度は自分でもストーリーを考えることに興味を持ち始めました。自分が創作した小説を人が楽しみにしてくれたら嬉しいと思ったのです。

 

そこで、手始めに原稿用紙50枚ほどの短編小説を書いて会社の同僚たちに見せました。お世辞も十二分に手伝って評判は悪くありませんでした。その段階では、小説の作法やルールが守られていないことは自覚していました。数作品を同僚たちに見てもらうと、やがて新作はまだかと尋ねられるようになり、ほんの些細な満足感が得られました。

 

気を良くした私は、無謀にも様々な文学賞に応募して賞金を狙うことにしました。動機が不純なのは承知していましたが、キッカケは何でも良いのだと思っていました。それから、400字詰原稿用紙換算で100枚前後の様々な文学賞に応募してみました。小説、児童文学、童話、エッセイ。賞金をゲットするためにあらゆる賞に出しました。

 

結果は、当然ですが0円。審査員特別賞と言う金の出ない賞と、出版社からの共同出版の話が一件でした。芸術的な世界でお金を稼ぐことは、分かってはいましたが難しいです。でも、これに懲りずに応募は続けたいと思います。